ブログ&ニュース

ブログ&ニュース

2018.11.16

地域社会貢献

「引きこもり・ニート・不登校・家庭内暴力から自立へ導く地域社会への取り組み」を致しました。

セノーテ訪問看護ステーションでは、引きこもり・ニート・不登校・家庭内暴力(DV)の方々に対する自立支援のサポートを行っています。


近年、社会問題としてたびたびテレビや新聞などのメディアで報じられますが、お一人おひとりの生い立ち・家庭環境は一括りにできるものではなく、複雑な事情があるケースも多いのが現状です。


たとえば、引きこもりのお子さんを無理やり外出に連れ出すのは絶対に間違っていますし、長い人生においての休息期間と理解してそっと見守り、数年後に社会復帰するような方もいるからです。つまり、自立支援と一口に言ってもいろいろな解決策があり、自立を促す立場として、利用者のニーズを第一に考えた自立支援を私たちセノーテ訪問看護ステーションでは大切に考えています。


▼このようなお悩みはありませんか?

「家族だけど、どう接していいかわからない」

「家庭では手に負えない」

「親子間で会話が成り立たない」

「行政機関が満足のいく対応をしてくれない」

「自立を断念しかけている」

このような状況下で誰にも相談できず、深刻に悩まれているご家庭は少なくありません。

ご家族が今できる対処は、状況を悪化させない為に見守ることだけ。行政機関も具体的なことは教えてはくれないのではないでしょうか。

私たちは、24時間365日サポートし、具体的な解決策を提案し、ご家族にかわり実行していきます。そして、このような取り組みがご家族みなさんの幸せを紡ぎ、ひいては地域社会への貢献につながれば訪問看護という仕事にさらにやりがいを感じ、励みになります。

お悩みの方は、セノーテ訪問看護ステーションにお問い合わせくださいませ。