介護レンタル

用具はご利用者様の“身体状況に合ったもの”と“安心して使用できる安全で衛生的なもの”がとても大切であると考え、 徹底した衛生管理・品質管理のもと常にご利用者の立場にたったご提供しております。

「専門知識をもった担当がご相談に応じます」

シルバー介護レンタルでは、福祉業界や介護現場に長年携わってきた専門担当が在籍しております。
担当者一人ひとりが福祉用具貸与事業者様、ケアマネージャー様への的確なアドバイスを行えるよう 知識の習得と向上に努めながら顧客満足度の向上を目指しています。 「こんな症状にはどの福祉用具を選んだらいいの?」「この福祉用具についてもっと詳細を知りたい」などの ご相談も承りますのでお気軽にご連絡ください。専門の担当が親切丁寧にご回答アドバイスを行わせて頂きます。

「介護保険適用 福祉用具」

在宅での、より自立した日常生活を支えるために必要な用具をレンタルしたり、お買い求めいただけるサービスです。
「福祉用具(介護用品)貸与(レンタル)」は、ご利用者さまのご希望や状況等をお聞きしながら、 適切な福祉用具をお貸しするサービスです。要介護・要支援レベルに応じて、商品の保険給付を受けることができます。
「福祉用具(介護用品)購入」は現金で購入後、市町村へ申請し、基準額の範囲内で購入金額の9割が事後払い(償還払い)されます。 年間の限度額は10万円で、月額の給付サービスとは別に還付されます。

レンタル項目

移動関連用品 ・車いす ・車いす付属品 ・歩行器 ・歩行補助杖 ・手すり ・スロープ
床周り関連用品 ・特殊寝台 ・特殊寝台付属品 ・床ずれ防止用具 ・体位変換器
その他 ・認知症老人徘徊感知機器 ・移動用リフト(つり具の部分を除く) ・自動排泄処理装置

購入項目

腰掛便座 | 自動排泄処理装置の交換可能部品 | 入浴補助用具 | 簡易浴槽 | 移動用リフトのつり具部分

住宅改修

介護保険の要介護認定で、要支援1・2、要介護1?5と認定された人が対象となり、

  • 要支援1・2に人は介護予防住宅改修費
  • 要介護1・5の人は住宅改修費

の支給が受けられます。
※非該当の人でも、市町村が実施する改修などが利用できる場合があります。 介護保険の給付の対象となる住宅改修の種類は、次のように定められています。

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止、移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸などへの扉の取り替え
  • 洋式便器などへの便器の取り替え
  • 上記の改修にともなって必要となる工事

事例

,