私たちのサポート事例
よくあるご質問

コラム・新着情報

妊産褥婦の皆さまへの支援について

今回はセノーテ訪問看護ステーションで行なっている母子支援について、お話しをしたいと思います。

 

現代は核家族が増え、また今回のコロナ禍で周囲との関わりも減り、各産院の対応も様々に変化せざるを得ない状況の中、不安な妊娠生活や子育てをしている方が多くおられるのではないでしょうか。

 

・妊娠前から心療内科や精神科に通院中で、妊娠や出産に不安がある

・妊娠中や出産後に精神的に不安定となり、心療内科や精神科への通院が必要になった

・赤ちゃんがNICUに入院したため、帰ってきてからの育児が心配

 

このようなご心配や不安のあるお母さまのご自宅へ、

助産師や精神科専門の看護師が訪問し、必要なお手伝いをいたします。

 

では実際にどのようなことができるのか、説明していきたいと思います。

 

Q どのような人が対象ですか?

A 精神科(心療内科)に通院中で妊娠された方

 妊娠中や出産後に精神科(心療内科)の通院が必要になった方

⇨精神科医師の指示にて訪問いたします

 お子様がNICU等に入院された方

⇨小児科医師の指示にて訪問いたします

 

Q どのような相談ができますか?

A 精神科の症状や薬の相談、育児の悩み相談、産前産後の身体や心の相談等、どのような事でもご相談ください

ご希望や状況に合わせ週1〜3回の継続的な訪問を行い、関係性を築くことで様々なご相談に対応できます

 

Q 実際にどんなことをしてもらえますか?

A 助産師や看護師がうかがい、様々なことに対応させていただきます

 ご利用中の医療機関(産科・小児科・精神科)やお住まいの地域の保健師などと連携を取り、利用される方に合わせた看護を提供致します

 妊娠中:経過の把握や出産に向けた心と身体の準備

 お産後:授乳や乳房のケア、育児のお手伝いやアドバイス、お母様の休息や心のケアなど

 

妊娠・子育ての悩みや不安はひとりで抱え込まず、まずは気軽にご相談ください。

 

 

セノーテ訪問看護ステーション

▼お電話でのお問い合わせこちら 

フリーダイアル 0120-56-1834

▼メールでのお問い合わせはこちら

bgmgroup.co.jp/fusion/contact/

 

ページトップへ
tel
お問い合わせ
LINE