私たちのサポート事例
よくあるご質問

採用情報 沖縄

セノーテ訪問看護那覇・沖縄エリアステーション

2021年9月にいよいよ開設!

ともに沖縄の訪問看護を支える
オープニングメンバーを募集しています。

セノーテ訪問看護とは

  • 地域密着

    セノーテ訪問看護は地域に密着した看護を行っています。今回開設予定の「セノーテ訪問看護那覇ステーション」では沖縄の方の気質・土地に寄り添う看護を実践します。

  • 充実の看護

    セノーテ訪問看護は「精神科認定看護師」「精神看護専門看護師」を始めとする専門性の高い看護師がよりあなたの専門性を高めます。

  • 自分らしく

    セノーテ訪問看護は就業形態が選べ、教育体制も充実しています。想定外の課題にも決してひるまず、柔軟に対応して解決し、その実績を自身の成長に活かす看護師。 そんな生き方を、セノーテで。

募集要項

職種 訪問看護(正看護師)
仕事内容 精神科特化型の訪問看護ステーションでの勤務。
利用者様のご自宅や入居施設に訪問・ケア業務を行っていただきます。
訪問未経験の方には当ステーション独自の教育システムにより、同行訪問から始められます。
社用車使用(軽自動車AT車)
勤務場所 「セノーテ訪問看護那覇・沖縄エリアステーション」(今年度9月開設予定)
開設後は那覇市・沖縄県内の訪問看護に従事して頂きます。
必要な経験・
知識・技能(必須)
精神科外来・病棟1年以上勤務、または、精神科訪問看護基本療養費算定要件を満たした 研修を受けたもの
必要な免許(必須) 看護師 普通自動車運転免許
月額 400,000円~(年俸制4,800,000円~)※前年度の源泉徴収税額は補償させて頂きます。
試用期間 3ヶ月
応募方法 ①ホームページより、お電話もしくはメールで応募エントリーをお済ませください。
②指定先に、履歴書・職務経歴書をご郵送ください。
セノーテ訪問看護ステーションの

看護師の一日

モデルケース
  • 8:30出勤して、本日のスケジュールや前回訪問記録などを確認します。
  • 9:30ご利用者のお宅への訪問看護へ向かいます(1件目)。
    検温や不安や悩みなどを伺い、病気や日常生活に関するアドバイスなどを行います。
  • 11:00ご利用者のお宅での訪問看護へ向かいます(2件目)。
    服薬確認、内服カレンダーに薬のセットを行い、話の傾聴・日常生活のアドバイスなどを行います。
  • 12:00休憩
  • 13:00グループホームでの訪問看護へ向かいます。
    ご利用者様の話を傾聴・日常生活のアドバイスを行います。
    グループホーム職員との情報共有と、訪問中の様子を伝えます。
  • 14:00担当者会議
    相談員、ヘルパー、役所の担当者などとご利用者様に関する情報共有や今後の関わりについて話し合いを行います。
  • 15:30一日の看護記録を入力をします。空き時間に、利用者の情報を関係機関に電話で報告します。
  • 16:00ご利用者のお宅での訪問看護へ向かいます(3件目)。
    外出支援、自宅付近の散歩に同行します。
    話の傾聴・日常生活のアドバイスなどを行います。
  • 17:00ステーションに戻り、記録の入力や本日の業務報告の作成を行います。
  • 17:30業務終了

訪問スタッフコメント

北九州サテライト訪問スタッフ
年齢 38歳
経験年数 1年
勤務地 北九州サテライト
仕事が大変な時、どうやって乗り越えましたか?
基本的には1 人で利用者宅に訪問し、看護を行うので、利用者や病気の理解・家族支援・関係機関への対応など自分で判断し行動する必要があります。そのため自分の判断や対応が正しかったのか、と自問自答し悩むこともありました。
しかしその都度チームの仲間(同僚) や上司に相談したり、週に1 度行われているケースカンファレンスで様々な意見やアドバイスをもらうことで、利用者さんへの理解も深まり看護の方向性を見出だすことができました。自分の判断や行動に自信をもつことが出来るようになりました。
仕事をしている時、嬉しかったことは何ですか?
精神科病院で勤務しているときは、患者さんから「もっと話を聞いて欲しい」と言われても、日々の業務に追われ、ゆっくり話を聞いてあげたいけれど、それが叶わない葛藤を抱いていました。しかし訪問看護では、次の予定までの兼ね合いもありますが、最低でも30分間は利用者さんと話しができることや、関わっていくその経過の中で喜びの反応を見ることが出来ること、利用者さんがその人らしく社会で生活を送っていく姿を確認しながら一緒に歩んでいけることに喜びを感じています。
福岡空港サテライト訪問スタッフ
年齢 38歳
経験年数 1年
勤務地 福岡空港サテライト
仕事が大変な時、どうやって乗り越えましたか?
一人で訪問するケースが多く、勤務当初は利用者様の精神状態の判断に困りました。自宅に訪問のため、家族への関わり方や挨拶、言葉遣い等接遇面をしっかりしないといけないと感じました。また、訪問へ行く際、渋滞が起こるため移動時間を考えながらの訪問に苦労しました。
一人で判断せず必ず相談するようにし、連携を取りやすくするように情報共有を密に行うようにしています。移動時間を前もって調べるようにし、シフトは余裕を持って移動できるような時間配分にしています。
仕事をしている時、嬉しかったことは何ですか?
訪問を必要とし、楽しみに待ってくれている利用者様がいて、いるだけで癒されると言われたことです。

セノーテ訪問看護那覇・沖縄エリアステーションにご応募の方は、下記までご連絡下さい。

セノーテ訪問看護那覇・沖縄エリアステーション連絡先

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2 丁目3-15 COI 那覇ビル 5 階

TEL:098-916-8423

ページトップへ
tel
お問い合わせ
LINE